他のオリゴ糖とは違う!カイテキオリゴは30種類以上のビフィズス菌を活性化!

オリゴ糖は腸内環境を整え、便秘を解消したり、私たちの肌を美肌にしてくれたりととっても優れものです。コーヒーに入れたり、紅茶に入れたりと取り入れやすく、低カロリーでダイエットにも効果的です。きれいになりたいと願い女性にとって摂取しておきたい成分です。

しかし、オリゴ糖といっても様々な種類があり、ダイエット目的で摂取したのに、砂糖とさほど変わらないカロリーだったというものもあります。じゃあどのオリゴ糖を買えばいいの?って思いますよね。そんな人におすすめしたいのが「カイテキオリゴ」です。カイテキオリゴは他のオリゴ糖とは違うのです。通常売っているオリゴ糖は1種類のオリゴ糖だけで作られています。しかしビフィズス菌は30種類以上存在しており、それぞれオリゴ糖との相性があり、すべてのビフィズス菌を活性化することはできません。しかしカイテキオリゴは複数のオリゴ糖を組み合わせており、30種類以上のビフィズス菌をまんべんなく活性化することができる独自の方法を生み出したのです。また北海道のてん菜や牛乳といったすべて天然由来の素材から抽出した高純度・高品質なオリゴ糖なので妊婦や赤ちゃんでも安心して摂取することができるのです。
でもこんな素晴らしいオリゴ糖なら高価なのでは?と心配になりますよね。でも初めての人は毎月300名限定でカイテキオリゴ 半額で購入することができちゃうんです。どんなものなんだろ?自分に合うのかなと気になる人はお得に試すことができるのです。
スーパーでも手に入れることができるオリゴ糖ですが、実際どんなものを買っていいのかわからないものです。せっかく購入したのにあまり効果が出なかったということもあります。
腸内環境を整えることは便秘解消はもちろん、身体を健康に導いてくれます。オリゴ糖を飲んでみたいと思った人はぜひカイテキオリゴを試してみてはいかがでしょうか?
カイテキオリゴのすばらしさをきっと実感することができると思いますよ。

子供も大人も虫歯予防!オリゴ糖でミュータンス菌を防ぐ!

とても万能なオリゴ糖。またオリゴ糖の魅力は誰でも安心して摂取できるところにあります。

実はオリゴ糖は虫歯予防にもつながるのです。甘いものが大好きな子供。なるべく甘いものは控えさせたいと思っても難しいものです。また大人も一日に何杯もコーヒーを飲む人がいます。ブラックで飲めればいいですが、やはり砂糖がないと・・・という人も少なくありません。そうなってくると、子供も大人も心配になってくるのが虫歯です。

虫歯の原因となるのがミュータンス菌と呼ばれる細菌です。これは常在菌と呼ばれ、誰の口の中にもいます。このミュータンス菌が糖を分解する時に発生する酸と不溶性グルカンが虫歯の原因です。酸が歯の表面を溶かし虫歯になってしまうのです。

実はオリゴ糖にはこのミュータンス菌を増殖させにくい性質を持っているのです。

しかしすべてのオリゴ糖に虫歯予防が可能なわけではりません。オリゴ糖にはたくさんの種類があり、それぞれ性質や求める効果にとって使い分けることが大切です。虫歯予防に効果的と言われているのがフラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖と言われています。ちゃんと選ぶことが大切です。

おやつのヨーグルトに砂糖の代わりにオリゴ糖を使ったり、ホットケーキにオリゴ糖を使ったりと工夫してみるといいでしょう。砂糖ほどの甘みはありませんが、ほんのりとした甘みが広がります。

オリゴ糖は安全性が高く、人工甘味料や添加物やオリゴ糖以外入っていない100%オリゴ糖であれば赤ちゃんに与えても大丈夫です。赤ちゃんでも便秘に苦しむ子はいます。薬ではないので与える量にさえ注意すれば、安心して赤ちゃんに与えることができます。オリゴ糖は赤ちゃんから大人まで安心して摂取できるのが一番の魅力です。食生活にオリゴ糖を取り入れることで、一家で腸内環境を整えたり、虫歯予防をしたりすることができます。オリゴ糖って何?って思っていた人も是非、取り入れてただきたいです。

 

血糖値を下げる効果あり!オリゴ糖で糖尿病改善!

オリゴ糖はそのもたらす効果を知れば明日から摂取したいと思う成分です。砂糖よりもカロリーが低く、腸内環境を整えてくれる優れものです。便秘解消や腸内環境を整えることは健康への第一歩です。

実はオリゴ糖には血糖値を下げる効果があるのです。

血糖値の上昇を表すGI値というのがありますが、ブドウ糖の血糖値上昇を100とした時、難消化性オリゴ糖は10~30という数値になります。砂糖はだいたい90以上あるため、オリゴ糖のGI値は低いと言えます。

糖尿病患者は血糖値のコントロールをすることが大切です。昔はいろいろな食べ物を制限し、カロリーを抑えることが大事とされていましたが、近年では、血糖値をあげるのは糖のみで、たんぱく質や脂質はエネルギーを作り出すものの血糖値をあげないことが分かってきました。

病気のためと言っても甘いものが大好きな人は、甘いものは一切ダメと言われてもなかなか断つのは難しいものです。これが短期間のダイエットであれば可能でしょうが長期間となると辛いものですよね。甘くないヨーグルトが苦手だったり、ブラックのコーヒーが苦手だったりと甘味料を入れたくなるものです。また煮物を作ったり、料理を作る時にも砂糖は必需品です。そんな時にオリゴ糖が便利なのです。オリゴ糖のGI値は10~30と、その低さはワカメやキノコに匹敵する低さです。オリゴ糖であれば安心して使用することができます。

また、人間の腸にはオリゴ糖を分解する酵素を持っていません。そのため消化・吸収をすることができず、血中に溶け込むことがなく血糖値上昇につながりません。

糖尿病で苦しむ人の中には食事制限に苦しんでいる人もいます。糖質を抑えることは想像以上に大変なことです。オリゴ糖であれは料理にも使用することが可能ですし、長時間でなければ煮込んでも問題ありません。

オリゴ糖には様々な効果があります。糖尿病ではなくても、糖尿病予防に一役かってくれるでしょう。

 

免疫力UP!オリゴ糖はアトピー性皮膚炎に効果あり!

皆さんオリゴ糖がアトピー性皮膚炎に効果があるって知っていますか?アトピー性皮膚炎で悩む人は増加傾向にあり、人口の約3分の1が肌が弱いもしくは敏感肌だと言われています。

アトピー性皮膚炎は生後半年頃から発症し、だいたい小学校を卒業するころには完治すると言われていました。しかし近年では長期化し、大人になっても治らない人や、大人になって症状が現れる人も増えていきました。

アトピーについてはいろいろと研究がなされ、徐々に原因が究明され始めていますが、まだはっきりと解明されていないのが現状です。実際私も子供の頃に発症したアトピー性皮膚炎が完治せず、いまだに投薬治療を受けています。

そこでいろいろ調べていくうちに巡り合ったのがオリゴ糖です。でもなぜオリゴ糖がアトピーに効果があるのでしょうか?

実はアトピーの悪化の原因に免疫力の低下があげられます。腸内の悪玉菌が増加すると便秘になり、腐敗ガスや有害物質が腸の壁から血液に入り肌荒れを起こしたリ、体の免疫力を弱めたりします。この免疫力低下がアトピー悪化へつながるのです。実際、アトピー性皮膚炎患者の腸内細菌のバランスは悪く、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が少なく活発に働いていないという結果が出ています。

オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を活性化し、数を増加させてくれるため、腸内環境が整い免疫力UPに繋がるのです。

これに加え、出来るだけ生野菜や発酵食品を摂取する、炭水化物や肉の量を減らす、コンビニ弁当や冷凍食品を食べない、水分をたくさんとる、ヨーグルト等の乳酸菌を取るようにしましょう。そうすることで1週間ぐらいで皮膚に変化が現れ始めます。アトピー性皮膚炎で悩むすべての人が改善されるという訳ではありませんが、時間をかけて改善することで、乾燥肌やかゆみが改善されるでしょう。

オリゴ糖には便秘を改善する効果と、免疫力をUPする効果があります。普段病院から処方されている薬と一緒に併用することで改善が望めるでしょう。

オリゴ糖で美肌!正しいオリゴ糖の摂取方法とは・・・

オリゴ糖といえば腸内環境を整え、便秘解消というイメージがありますが、オリゴ糖がもたらす効果はこれだけではありません。オリゴ糖は私たちの肌を美肌に導いてくれる優れものです。

腸内環境が悪化すると老廃物が溜まります。そうなると悪玉菌が増殖し、増えた悪玉菌が毒素を出します。この毒素が肌に現れることで、ニキビや肌荒れのトラブルを発生させるのです。また毒素が溜まることで、血流の循環が悪くなったり、毒素の活性酸素によりしみやたるみといったトラブルも起こる可能性があります。腸内環境を整えることは便秘解消はもちろん、美肌にも大きく影響しているのです。腸内の悪玉菌の増殖を抑えることで、肌に悪影響を与える毒素の発生を抑えることができます。腸内環境を整えることは便秘解消以外にも、私たち健康にとって重要なことなのです。

ではオリゴ糖っていつ摂取するのがいいのでしょうか?

オリゴ糖は薬ではないので好きなタイミングで摂取してかまいません。朝のコーヒーに入れてもいいし、ヨーグルトに入れてもかまいませんの。出来るだけ毎日摂取するようにしまうしょう。また上手な摂取方法は一日に何回かに分けて摂取するのがいいでしょう。一度に大量のオリゴ糖が腸に来るよりも何回かに分けてきた方がビフィズス菌もオリゴ糖の栄養を摂取しやすいのです。また食事と一緒にオリゴ糖を摂取する方が効果的です。食事と一緒に摂取することによってオリゴ糖が腸まで届く割合が多くなり、善玉菌の増殖を助けてくれます。また便秘の人は、就寝前に摂取するとさらに効果的と言われています。

オリゴ糖は過剰摂取するとお腹が緩くなる恐れがあります。便秘に困っているからと言って一気に大量に摂取するのは避けるようにしましょう。一日5~8gという用量を守り、過剰に摂取しないように注意しましょう。

オリゴ糖は素晴らしい成分です。身体にとって一番吸収されやすい方法でしっかり摂取することが大切です。