オリゴ糖VS乳酸菌 腸内環境を整えてくれるのは・・・

腸内環境を整えてくれると言われるオリゴ糖。オリゴ糖の種類はおよそ20種類あると言われています。その中でも一番いいとされているのが、胃や小腸で消化されにくい難消化性の性質を持つオリゴ糖です。難消化性のオリゴ糖には主にフラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖があります。

オリゴ糖には腸内環境を整える効果がありますが、オリゴ糖を含んだ食品を食べるとどうなるのでしょうか?

オリゴ糖を含んだ食品を食べると、オリゴ糖は胃や小腸で消化されず、そのまま大腸まで行きつく性質を持っています。生きて大腸まで届いたオリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌のエサとなります。腸内の善玉菌が増えることで腸内環境が改善されるのです。

しかし、腸内環境を整えるのであれば、オリゴ糖より乳酸菌の方がいいのでは?と思っちゃいますよね。確かに便秘の時はヨーグルトを食べるといいと良く聞くと思います。しかし乳酸菌を多く含むヨーグルトを食べると、胃の強い酸や十二指腸の胆汁の攻撃を受けてほとんど死んでしまい生きて腸には届きません。また腸に住み着く乳酸菌は人それぞれであり、仮に生きて腸まで届いたとしても腸に住み着くこともなく、数時間から数日のうちに便と共に排出されてしまいます。

しかし腸に届くまで死んでしまった乳酸菌も腸内で善玉菌のエサとなります。腸まで生きて届いた場合、排出されるまでに酸を作り悪玉菌の繁殖を抑える効果もあります。

乳酸菌はオリゴ糖ほど腸内環境を整える効果はありませんが、オリゴ糖をサポートする役割があるのです。

腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌が悪玉菌よりも多くないといけません。悪玉菌は脂質の多い食事、不規則な生活、過度なストレスや便秘などが原因で増加します。腸内の善玉菌は乳酸、酢酸などを作り、腸内を酸性にすることによって悪玉菌の増殖を抑えてくれます。

便秘で悩む人にはオリゴ糖の方がおすすめですが、乳酸菌もとても素晴らしい効果があります。オリゴ糖も乳酸菌も積極的に摂取していきたいですね。