血糖値を下げる効果あり!オリゴ糖で糖尿病改善!

オリゴ糖はそのもたらす効果を知れば明日から摂取したいと思う成分です。砂糖よりもカロリーが低く、腸内環境を整えてくれる優れものです。便秘解消や腸内環境を整えることは健康への第一歩です。

実はオリゴ糖には血糖値を下げる効果があるのです。

血糖値の上昇を表すGI値というのがありますが、ブドウ糖の血糖値上昇を100とした時、難消化性オリゴ糖は10~30という数値になります。砂糖はだいたい90以上あるため、オリゴ糖のGI値は低いと言えます。

糖尿病患者は血糖値のコントロールをすることが大切です。昔はいろいろな食べ物を制限し、カロリーを抑えることが大事とされていましたが、近年では、血糖値をあげるのは糖のみで、たんぱく質や脂質はエネルギーを作り出すものの血糖値をあげないことが分かってきました。

病気のためと言っても甘いものが大好きな人は、甘いものは一切ダメと言われてもなかなか断つのは難しいものです。これが短期間のダイエットであれば可能でしょうが長期間となると辛いものですよね。甘くないヨーグルトが苦手だったり、ブラックのコーヒーが苦手だったりと甘味料を入れたくなるものです。また煮物を作ったり、料理を作る時にも砂糖は必需品です。そんな時にオリゴ糖が便利なのです。オリゴ糖のGI値は10~30と、その低さはワカメやキノコに匹敵する低さです。オリゴ糖であれば安心して使用することができます。

また、人間の腸にはオリゴ糖を分解する酵素を持っていません。そのため消化・吸収をすることができず、血中に溶け込むことがなく血糖値上昇につながりません。

糖尿病で苦しむ人の中には食事制限に苦しんでいる人もいます。糖質を抑えることは想像以上に大変なことです。オリゴ糖であれは料理にも使用することが可能ですし、長時間でなければ煮込んでも問題ありません。

オリゴ糖には様々な効果があります。糖尿病ではなくても、糖尿病予防に一役かってくれるでしょう。